News!
2016/4/1  

新任教員(化学)が着任しました!


  科学のおもしろさを子どもたちに伝えることのできる教師になるために
   

小・中・高等学校における理科教育の方法や、その背景となる科学知識の習得のために、三重大学教育学部理科教育コースには、物理学・化学・生物学・地学・理科教育の5分野・9研究室があります。理科教育コースの学生は2年次からどれか一つの研究室に所属し、各分野の専門知識の習得と同時に学校教員になるための教育技能を身につけます。

       
  理科に強い教師になるための4年間
   

理科教育コースの学生は、各学年において次のような流れで勉強を進めていきます。

1年生: 理科教師になるために必要な幅広い教養と基礎知識の習得
2年生: 理科の教育実践に必要な科学の基礎理論・実践技能及び指導法の習得
3年生: 学校現場における教育実践を通して理科の各分野での専門性を高める
4年生: 理科の各分野における専門性を深める
       
  豊富な教育実践の機会
   

3、4年次の教育実習以外にも、三重県内の小学生向けの科学教室や科学の祭典などへの参加を通して、子ども達に科学実験の面白さを紹介する機会が数多く用意されています。理科教育コースの学生はこのような催しに数多く参加し、子ども達に科学の面白さを伝える技能を積極的に磨いています。

       
  卒業後は?
   

ほとんどの学生が4年次に教員採用試験を受け、各都道府県の教員や私立学校の常勤・非常勤講師になっています。更に高度な専門知識の習得を目指し、大学院に進学する学生もいます。また、公務員や企業に就職する場合もあります。詳しくは、卒業生の進路をご覧ください。

 


三重大学教育学部理科教育コース・大学院教育学研究科理科教育専修